nfu退職教職員の会の設立

nfu同窓会の下部組織認定同窓会の一つとして退職教職員の会が設立された。

90歳を越えられた児島美都子先生をはじめ、今年3月末に退職された職員さんまで32名が集まって規約と役員を決めた。

その後、現大学役職者も含めて懇親会を持ち、旧交を深めた。

 

広告
カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

abcRIDE6月例会 浜名湖周回サイク

昨年の宿泊浜名湖ライドも確か初日が大嵐で急遽輪行したが、今年の日帰り浜名湖周回サイクも午前中は小雨や霧雨に見舞われた。JR弁天島駅から気賀の長楽寺参詣、猪鼻湖入り口で豪華「うなぎランチ」、午後からはやや蒸し暑いくらいの曇り空でその後新居関から弁天島まで55km8名のクラブメンバーによるサイクリングであった。鰻が焼き上がるまでの時間に「秋の親善ライド九州」や「しまなみ海道サイク」の話で盛る上がった。観光と信仰と健康と交流と旨いもん食いしん坊、これぞ5Kシニアサイクリングクラブの目指すとこりだ❗

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

八事山興正寺の安寧を願って

2018年6月1日高野山真言宗八事山興正寺内で宗団である高野山真言宗による「興正寺問題の経過とこれから」について檀信徒説明会が開かれた。

初期から言えば10年、裁判問題から言えば約5の長きに渡り元住職らとの係争や対立が続いていたが、5月21日に双方の代表が和解に応じ、興正寺の明け渡しと刑事・民事の全ての係争を取り下げることとなった。

興正寺檀信徒有志の会の代表世話人および檀家の一人としてこれに参加して、興正寺の資産の不問や今後の興正寺の運営などいろいろ意見や思いはあるが、裁判の長期化を終息させ、尾張高野山とも呼ばれる古刹・名刹で名高い高野山真言宗八事山興正寺の正常化と安寧のためには「最善」の方向かなと感じた。この説明会を受けて、檀信徒有志の会は全体会を開催し、高野山真言宗本山の措置に理解と賛同の意を表し、会の目的と役割が達成できたと認識して本会の解散を決議した。

これまで興正寺と本有志の会へのご理解とご協力を戴きました全て僧侶および檀信徒の皆さまに心から感謝の言葉を送ります。

 

 

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

秋の豊作を祈って

昨年は健康上の都合で連続記録が途絶えましたが、今年も実家の田植えで帰省しました。天候にも恵まれ順調に代満て(田植えが終わる事)となりました。

同じ手伝いの東京の甥を相生まで送って行くと言うので、予定を変更して姫路沖の瀬戸内の家島に釣りして心の癒しをして来ました。

2週間前の御前崎での魚が冷蔵庫を占領しているので釣果の持ち帰り禁止、捌いて岡山美作の実家に宅配しました❗近所や親戚で戴いてくれれば幸いです🙇💦💦

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

紫玉ねぎの収穫

KOBAミニファームでの紫玉ねぎと白玉ねぎ晩稲が小さくて少しですが収穫出来ました。

今朝は地域のクリーン活動、汗😃💦のついでに玉ねぎ収穫と写真奥の「キタアカリ」と「男爵」のじゃがいもの間引きと追肥・土寄せ作業も一騎にやっちゃいました。

知多は今年最高気温の中15分で休憩のレクファーマーです。

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

4、5月よく走った自転車

abcRIDEサイクリングクラブでは月例ライドと称して毎月1回は日帰りサイクリングをしています。加えて、春と秋に宿泊輪行サイクリングを2回、毎年1回オーストラリアの自転車仲間と日豪親善ライドを1週間から10日程度で日本国内とオーストラリアへの遠征を17年継続しています。

3月は知多四国霊場自転車巡礼と穂積→墨俣城→弥富までの桜ライド、4月は勝川→田縣神社→五条川堤→岩倉での名古屋コーチン丼→清洲城の北名古屋ライド、5月は春の宿泊ライドでビワイチを米原から13名の会員参加で105km走りました。翌日はまたもや雨。叡山に参拝する夫婦、小雨の中近江八幡まで走る人、琵琶湖に浮かぶ西国33観音竹生島をさんからのする人、各々に近江の春を楽しみました。よく走った春シーズンでした。

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

昨日から18年度仕事始め

昨日の9日月曜日から新年度の仕事が始まりました。今年度は月、火、水、木曜日(前期のみ)で昨年よりも増加。もう少し「半分、現役で」仕事を楽しみ頑張ろう❗

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ