お寺でラジオ体操と掃除

7月26日梅雨明け前の暑い朝、名古屋市昭和区八事周辺の子ども達が中にはお兄弟姉妹で、母さんと手を繋いで、お祖父さんやお祖母さんと元気に八事興正寺の大仏さん前に集まってきた。

リードされるお坊様の挨拶、ラジオ体操に続いて本堂でお経を唱えお坊様の法話の後、参加者全員で本堂や書院、境内の清掃活動に奉仕した。解散前には、勿論活動とお経と奉仕にたいするご褒美をゲットし、「ありがとう」を大きな声で言ってそれぞれの家路に帰っていった。

今が少なくなった「自主的な地域活動」がお寺と地域と子ども会でイキイキと続いている。さらに解散の後も境内の小川でザリガニ釣をする自然の中でイキイキと暮らす子ども達がいる。どちらも大切にしたい「自然」「地域」「子ども」である。

広告
カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

大相撲名古屋場所14日目2019年

大相撲名古屋場所14日目結びの相撲が終った後の土俵は、弓取式前には片付けられたが、紫色の座布団で埋もれた‼️
長年大相撲を観戦してきたが、こんな光景は初めてだった。早く固定式座布団にしないと「一大事の事故が起きる」よ、日本相撲協会様。

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

初孫誕生と初参りの令和はじめ

1950年生まれの筆者は昭和、平成と生きてきて、この5月から始まった令和で次男ファミリーの初孫誕生と初参り、合わせて長男の家の安産祈願と嬉しいことが沢山あった。

ただ一つ残念なことは、3月30日にabcRIDEサイクリングクラブの企画で事故った肩の靭帯が断裂していたので未だに治療していることだ。もう2年くらいは働きたいので、オペは避けたい❗

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

NFU硬式野球部1部入れ替え戦を逃す

NFU硬式野球部が愛知大学野球春季2部Bリーグ戦に優勝してA優勝の愛知産業大学と2部優勝決定戦を戦いました。

8ー3で先勝しましたが、2・3戦に惜敗して、残念ながら1部入れ替え戦を逃しました。

2019秋季リーグこそ念願の1部復帰を期待したいものです。リーグ戦中の名誉監督の浜島氏の逝去を乗り越えた部員、スタッフ関係者の頑張りを多くのOBと一緒に讃えたい。

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

人生初のGW+3の記録メモ

人生初のGW+3(人呼んで10連休)が終わろうとしている。ど真ん中の30日火曜日は嬉しいことに非常勤講師の授業(仕事)があった。古希を迎えるあなたは「仕事」があることはありがたいことよと妻に度々言われている。日記代わりにこの10日間を振り返ってみた。

4月26日(金)先月のabcRIDEサイクリングクラブでの肩強打の怪我の再診にバイクで出かけ

4月27日(土)愛知大学野球2部B日本福祉大学硬式野球部の応援にバイクで

4月28日(日)内祝いの買い物と義母訪問、出産前の次男夫婦と夕食会

4月29日(月)玉ねぎの一部収穫

4月30日(火)NZU基礎体育A(バレーボール)の授業

5月1日(水)高校吹奏楽ドリームコンサート@センチュリーからひるがの山荘へ

5月2日(木)長男夫婦とひるがの山荘でBBQランチ→ひるがの山荘から下呂温泉木曽屋泊

5月3日(金)下呂温泉からの途中犬山の名経大Gで野球の応援して知多へ、菜未初めての帰省

5月4日(土)サクランボ収穫、タイヤ交換などなどゴソゴソする

5月5日(日)こどもの日(母への感謝)朝からのんびり、玉ねぎの収穫

5月6日(月)充電?

長い長い2019年のGWいやゴールデン10Daysでした。さあ、7日からまた元気に仕事だ。

 

 

 

 

 

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

ゴールデン10後半

G1Oの後半、関東では大粒の雹が降って、野球も競馬も一時ストップらしいがここ中部・東海・愛知はまさに五月晴れの清々しい一日でした‼️

タイヤ交換、鳥の分を残してさくらんぼ収穫、五月人形の飾り付けとちまきの買い出しお供えを分担して完了👍「皆が元気で暮らせますように」🙏そして、各々の新しい命が無事に生まれ、育ちますようにと

祈りつつ願いを込めて👌

カテゴリー: トップページ | コメントをどうぞ

大学スポーツ協会が発足

米国大学スポーツのNCAAの日本版、大学スポーツ協会=ユニバスが発足した。

「競技だけに専念する学生、授業中に来ない学生、出てきていても寝てる学生、なのに何故かスイスイと進級し卒業する?」と疑問視の声も少なくない。
「本来、一定の出席率がないと、試験を受ける資格すらないが、運動部の部長を兼ねる教授同士が、互いに単位を出す“貸し借り”が横行してきた。それが、近年は教授会で『ルールを守るべきだ』という声が出るようになり、厳しい姿勢で臨む教員も出てきた。各部でもしっかり指導しないといけない問題だ」と大手新聞も取り上げているのだ。

大学スポーツの振興とは競技力のみではなかろう。学生の一人として研鑽や成長、学内や地域での貢献、社会における評価や認知など果たすべき、向上すべき課題は多様で大きい。

ユニバスの発足と発展が広く国民に根ざした「日本のスポーツの再出発と拡大」に繋がることを期待する。

カテゴリー: トップページ | 1件のコメント