名古屋地裁で裁判員制度の研修

名古屋地裁で実際の刑事裁判を傍聴し、その後で大きな法廷に入り裁判員制度の説明を受け研修をしてきました。
これまで何回かは見学したことがあったのですが、実際の凶悪犯の刑事裁判の初回公判を近くで見でリアルな感じを受けました。
 
特に今年5月21い日から始まった裁判員制度5000分の1の確率で選任される可能性?との関連で興味や関心が強く印象に敵でした。
「えっつ」こんな状況で有罪か無罪か、有罪ならその刑罰を協議する一員になるの?大変なことです。
でも、良い研修ができました。機会を与えてくださった役員さんに感謝。
 
(写真)地裁法廷での研修風景と某所ランチバイキング
 
 
 
 
広告

小林培男 Masuo KOBAYASHI@ちた通信 について

いつでも、どこでも、だれにでもスポーツの楽しさ素晴らしさを適切に広めます
カテゴリー: トップページ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中