海辺の遊びの達人養成

6月と7月の土曜日の回を含めて今回の7月11日と12日の2日間連続で合計4日間にわたる海辺の遊びの達人養成講座が開かれました。
天候にも恵まれ海と自然活動に関する理論と実技の学習が怪我もなく無事に終了しました。
参加者は18名、うち社会人が4名、健康科学部学生が14名でした。
 
最終日は2班に分かれてシュノーケリングとシーカヤックで午前と午後で交替しました。
シュノーケリング実技は前日からNFUスポーチドームプールで予備的な基本技術の習得をみっちりやっていたのでスムーズに海での活動に入れました。
 
カヌーは初めての体験、道具の名称、パドルのグリップから漕ぎ方まで基本をやってから出廷。
『フワフワ揺れてきもちいい』の第1声がいたるところから聞かれ、音もなく自力でスイスイと手軽に移動できるシーカヤックにハマっていました。
 
基本ストロークを練習してから合計1kmぐらいの湾内ミニツーリングに出かけ、最後はボールやフリスビーを用いての海上レクプログラムを体験していただきました。
積極的な参加、協力的な参加、何よりも安全と危機管理意識を念頭に置いた「野外活動指導員」を目指して、有意義な養成講座となりました。
講座スタッフの皆さん、海達クラブのアシスタントの皆さん、1年中で一番忙しい時期に葉山からご指導に来ていただきました海野先生にお礼申し上げます。感謝
 
 
広告

小林培男 Masuo KOBAYASHI@ちた通信 について

いつでも、どこでも、だれにでもスポーツの楽しさ素晴らしさを適切に広めます
カテゴリー: 健康とスポーツ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中