2009年度のゼミ終了

2009年度のゼミ研究も1月15日のゼミを持って無事終了となった。
もっともこの日は、恒例の”ゼミおでんパーティ”でこれをつまみながらの年間のまとめと今後の抱負を語る会であった。
 
12月には卒業論文提出、ゼミ研究発表会、学部主催の卒研発表会を次々に進めていった。
3年生と4年生、社会福祉学部生と福祉経営学部生の合同の研究発表会であり、今年で24回目を数えた。
発表練習ができていなかったのか、報告時間が遅延したり、3分も早く終わったり、質疑も含めて例年に比較しやや出来栄えが気になった。
 
まあ、早々とゼミをリタイヤした学生を除いて福祉経営学部で5名、社会福祉学部で4名の合計9名が卒業研究を書き終えて、提出の運びとなった。
特に、経営開発学科、福祉経営学部の10年に渡り担当してきたが、今年度の卒業生で最後となる。感慨深いものを感じている。
 
ゼミ基礎研究実験、フィールドワーク、健康フェア、調査など色々進めてきたが、おでんを摘みながらこの1年のエピソードや思い出話に話が弾んでゼミを終えた。恒例のゼミスキー&スノーボード、鳥羽的矢湾釣りツアーも楽しくやりたいですね。
 
卒業研究論文締め切り間近のゼミ学習
ゼミ研究報告会寸前の余裕?の3年次ゼミ学習
広告

小林培男 Masuo KOBAYASHI について

いつでも、どこでも、だれにでもスポーツの楽しさ素晴らしさを適切に広めます
カテゴリー: 小林培男ゼミOG・OB パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中