夕やけクラブの活動終わる。

知多市の放課後子どもプランは,全国の取り組みに先駆けて平成17年度の最初から唯一新田小学校区で「夕やけクラブ」として火曜日と金曜日の開放教室と月曜日の体験教室で始まりました。
開設以来、毎回沢山の児童が参加してくれ、楽しく活動を進めてきました。
開設当時は全国にも少なく、当初からホームページを開設した新田小放課後子ども教室夕やけクラブには沢山のアクセスや訪問・問い合わせがありました。
あれから5年、最後となった平成21年度は新田小学校の校舎耐震工事立て替えによってその開催回数は少なくなってしまいましたが、みんなの力で5年間活動継続してきました。
子どもたちと一緒に活動する中で笑いあり、激怒あり、感動あり、微笑みあり、涙あり・・・・・色々な体験の5年間でありました。
この活動の成果は、数々の研究発表の機会に報告し、昨年の10月には活動表彰も受賞しました。
しかし、全国がそのように放課後子どもプランは、専属のコーディネーターと専属の指導員を中心に新しい形で企画運営されることとなりました。
知多市の子どもプランも2年間にわたる準備検討を経て、2009年度4月当初から5地区で開始されました。
 
新田小学校放課後子ども教室・夕やけクラブは、歴史的使命を終え、3月12日の開放教室を持って発展的解消となりました、
これまで参加していただいた沢山の児童、運営にご理解とご協力をいただきました児童の保護者の皆様、新田小学校の先生方、知多市生涯学習課、東部コミュニティ、の皆様に心からお礼申し上げます。
夕やけクラブのメンバーは、今後個人として新しい新田小健やかスクールに関わっていくこととなりました。よろしくおねがいします。
そして、再びありがとうございました。
 長い間アクセスいただいた我が【新田小学校放課後ことも教室ホームページ】も今回をもちまして閉鎖いたします。ありがとうございました。
 
※文部科学省放課後子どもプランについて
 平成17年度から始まった「地域子ども教室」は,平成19年度から「放課後子ども教室」となり,さらに平成21年度から新しい形で全国で展開されようとしています。
新しいこの地域放課後子ども教室は,一言で言ってしまえば,文部科学省の児童の放課後の居場所づくり政策とおよび厚生労働省の児童の健全育成の政策の両方を求めたものです。
この政策を「放課後子どもプラン」と呼び,各市町村で小学校単位でスタートしました。
知多市では平成20年度春からから教育関係者や地域指導者などで構成された検討のための協議会を発足させ,平成21年度から市内5箇所での設置と実施に向けて練り上げています
 この地域子ども教室や放課後子ども教室は色々と変更しているのが実態ですが,全国でのこの放課後子ども教室の取り組みの様子が,文部科学省のホームページ地域での事例紹介で閲覧できます。
 
写真は,新田小学校放課後子ども教室の様子
 
広告

小林培男 Masuo KOBAYASHI@ちた通信 について

いつでも、どこでも、だれにでもスポーツの楽しさ素晴らしさを適切に広めます
カテゴリー: トップページ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中