日豪フレンドシップライドin北海道

abcRIDE 2010 日豪フレンドシップライドin北海道レポート
abcRIDE 2010日豪フレンドシップライドin北海道が始まりました。
abcRIDE メンバーでスポークスマン的役割の水野さんからの携帯電話による北海道ライド現地レポートを参加できなかったメンバーの小林が受け、一時的に小林のホームページで配信報告します。
最終的には、abcRIDE ホームページにおきまして配信します。あくまでライド実行中の情報としてお楽しみください。
 
abcRIDE 2010企画 日豪フレンドシップライドin北海道が始まりました。
メンバーでスポークスマン的役割のライド中の水野さんからの携帯電話による北海道ライド現地レポートを留守番の小林が受け、一時的に小林のホームページで配信報告します。
最終的には、abcRIDE ホームページにおきまして配信します。あくまでライド実行中の情報としてお楽しみください。
 
2010年
6月24日木曜日(第1日目)晴れ 千歳で合流
PM9千歳空港でオーストラリアからの参加者と再会合流⇒夜千歳ライダーズハウスでドイツからの旅人と共にウエルカムパーティ開催。
 
6月25日金曜日(第2日目)晴れ ウエルカムパーティ in 千歳
AM出発前に読売新聞の取材を受け、1200kmライド出発の記念写真撮影。
⇒北広島⇒20kmの自転車専用道路経由⇒小樽 (走行距離43km)
 
 
6月26日土曜日(第3日目) 千歳から小樽
9時出発、北海道神宮で安全祈願、途中5号線をそれ、新川沿いに走る。
小樽では運河、博物館を見学、昔の遊びに興じる。
18時過ぎ宿着。(走行距離56キロ、総走行距離99km)
6月27日日曜日(第4日目) 小樽⇒余市⇒ニセコ
8時小樽発⇒フルーツロード経由余市。幅
広い5号線を走り343、66号線を通り16時20分ニセコYH着。
途中羊蹄山がきれいに見えた。(走行距離77キロ、総走行距離176km)
 
6月28日(第5日目)晴れ ニセコ・フリーデイ
月曜日(第5日目) 北海道ライド初めてのフリーデーで登山組は羊蹄山を目指した。
その他は沼巡りのハイキング。好天に恵まれた1日でした。
 
6月29日火曜日(第6日目) ニセコから洞爺湖へ
Am09:05ニセコ出発⇒主に230号線経由で念願の洞爺湖へ、。
洞爺湖右回り3分の2周で温泉街の宿15:05着。(走行距離63キロ、総走行距離239km)
 
6月30日水曜日(第7日目)小雨から曇り 洞爺湖から白老
AM8時洞爺湖発⇒昭和新山経由36号線で白老へ15:05着。
午前中小雨、午後曇、気温20度程度快適な76キロ。
国道36号線の交通量は多いと言われたが大都会に比べればそうでもなし。
全員元気、温泉を十分堪能、そして酒も飯もうまい!
 
7月1日木曜日(第8日目) 雨の中110キロの新冠まで
昨夜からの雨が上がりきらず終日ぐずついた1日。雨中を新冠まで110キロ。
午前中星野、田中2名を千歳空港へ送る途中テッドさん白老のホテルに貴重品の忘れ物の連絡。
空港から白老へ戻って自転車組を追いかけ、車の走行距離は約200キロ。
明日の予報は晴れ!!
 
7月2日金曜日(第9日目)曇りから雨 
Am08:10発⇒236号線⇒336号線の海岸沿いを襟裳まで89キロ。15:50襟裳着 。
朝から雲、最後の十数キロは雨の中。
全員雨水滴たる・・・・・残念ながら予報では明日のフリーデーは雨。完全休養日となりそう。

 
7月3日土曜日(第10日目) 襟裳フリーデイ
午前中、小雨の中全員車で襟裳岬へ。午後雨、一休み後3時から約2時間ラリーさんの自転車冒険旅行についての講演会。
夕方天候回復、明日は期待できそう!
 
7月4日日曜日(第11日目)曇り一時雨 襟裳岬から忠類
Am08:08に襟裳発⇒雲天下直線道路の336号線を北上。
⇒170mの追分峠を越え広尾経由236号線に入って忠類まで80キロ、15:05着。
途中小雨にあうも短時間、暑くもなくラッキーな1日でした。

 
7月5日月曜日(第12日目)曇り 忠類から釧路までの最長ライド114キロ
 Am08:15発、336号線、38号線経由で釧路まで天気にも恵まれ114キロを快走。今回のライド中最長区間。14:15着。
途中高度的にはそれほどではないが長~い登り下りが何カ所もあり、それなりに疲れを感じた。
携帯での撮影をすっかり忘れていた。
添付の写真は明日の摩周湖までのコースについて宿の若い女子従業員をつかまえてネットで調査するY会長。
  
7月6日火曜日(第13日目)曇り 釧路から摩周湖
 雲天21度の絶好のライド日和、Am08:00出発、53号線経由摩周湖YHまで79キロ。
途中釧路湿原野生生物保護センターを開館時間前特別に見学。
午後3時頃、帯広放送局の取材(電話インタビュー)があり山本、渡辺、ラリー、メアリーが対応。午後4時過ぎYH着。
飯田さんからのFAX、田中さんからのメール添付写真を受けとりました。ありがとうございました。
添付の写真はインタビューに応えるラリーさん。
 
 
7月7日水曜日(第14日目)曇り 摩周湖フリーデイ
軟弱なabcRIDE一行は自転車では車で観光。
摩周湖、屈斜路湖を巡り足湯、露天風呂を楽しんだ。
昼食は4年前宿泊した屈斜路湖のYH、昔を懐かしんだメンバーもいた。
夕方、ラリーさんから走行時のギヤ操作についてレクチャーがあり、明日からはよりスムーズな走りができそう。
 
7月8日木曜日(第15日目)曇り 摩周湖から阿寒湖へ
天候は雲、寒いためヤッケ着用してAm07:50出発⇒241号線経由阿寒湖まで標高差660メートル距離43キロの予定がT字路で右、左を間違えため8キロ長く走ってしまった。それでも12:20着。午後、阿寒湖温泉街、湖畔を散策。
 
 
7月9日金曜日(第16日目) 08:08出発、雲り午後薄日。
240号線から241号線に入って645mの足寄峠を越え、オンネトーに立ち寄って神秘的な池と雄阿寒岳、雌阿寒岳を眺めた。
昼飯のための足寄まではほぼ下り。昼飯前に65キロ走り松山ちはるの歌が流れる道の駅で昼飯。
15:30本別温泉着、本日走行距離83キロ。
 
7月10日土曜日 (第17日目) 本別から帯広
朝から雨、08:45出発。241号線から73号線を雨と車のしぶきに下半身ずぶ濡れになりながら北帯広YHまで53キロを走る。途中池田町のワイン城に立ち寄ってワインをたっぷり試飲。コンビニで昼飯を仕入れて12:55YH着。濡れたままで昼飯。昼飯後、全員的車で帯広百年記念館見学、JR帯広駅へ買い物。夜日豪歌合戦、勝負はドロー。
7月11日土曜日 (第18日目) 帯広から狩勝峠越えでトマムへ
08:30出発、R73、R38、R117、R136経由トマムまで84キロ。晴れ時々雲り、664mの狩勝峠越えは大汗、峠の水は最高。16時過ぎトマム着。着後雨、車で付近の散策に出かけるも見るもの何もなし、すぐ戻る。夕食は焼き肉食べ放題、オージーにっこり!!
7月12日土曜日(第19日目) トマムから日高昨夜から降り続いている雨の中、雨具に身を固めて09:03出発。R136、R237経由。途中から本降りになり占冠の道の駅で一休みしたのみで日高へ急ぐ。下りで気温が低いためか体が温まらない。500mの日高峠も一気に通過。12時前、日高高原荘着、チェックインもそこそこに温泉に飛び込んだもの数名。午後は温泉につかってのんびり休養、16:30からミーティング。本格的な雨、写真情報なし.
7月11日日曜日(第18日目) 千歳までの120キロ最終日、合計1200キロ踏破。 
08:08発、青空のもと120キロ先の千歳を目指す。R235、富川までは下り。アイヌ文化博物館を見学。R129、R36経由で千歳ライダーハウス着17:05。ライダーハウスではなんと呉山さんの出迎えというサプライズ。夜は無事故ライド終了を祝ってパーティー。
 
abcRIDE企画 2010日豪フレンドシイプ北海道ライド無事終了!!!!!
14日午後10時頃まことさんと英毅会長が知多に帰りました。  午後3時、千歳空港でオージーご一行を見送った後、其々帰路につきました。 フェリー組み(河合、水野、秋子、勝子)は今、船にて熟睡中でしょう。 水野さんは仙台で下船、そこからひとり東京まで自転車で走ると元気一杯。お気をつけて!    今回の北海道、予想外に雨が多く、雨中ライドも4日。しかし快晴の羊蹄山登山、摩周湖も展望台に登った時は見えなかった湖が突然晴れ上がる奇跡的な展望、大きな峠越えは晴れないし曇りとまずまずの天候。北海道の大自然を満喫できた今回のライドにオージー、日本人ともども大満足、しっかり友情を確かめ合うことができました。 今回の旅は渡辺さんの参加でバッチリ意思疎通ができ本当によかったです。ありがとうございました。  まずは無事終了のご報告まで。   尾石さん、星野さん、田中さん、全日程参加できなくて残念でしたね。でも短期間でも友好親善バッチリ、お疲れ様でした。 飯田さん、ファックスありがとうございました。楽しいコース設定に感謝です。当分治療専一にて次回を期してください。 その他、参加できなかった皆さんいろいろありがとうございました。眞由美さん、三矢さん、セントレア見送りありがとうございました。   8月ライドをかねて8月末に北海道ライド報告会・反省会・懇親会を予定しています。企画ができ次第お知らせしますので楽しみにしていてください。 皆さん、お疲れ様でした。(会長 山本英毅)
広告

小林培男 Masuo KOBAYASHI について

いつでも、どこでも、だれにでもスポーツの楽しさ素晴らしさを適切に広めます
カテゴリー: 地域スポーツクラブちた パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中