知多の海でマリンスポーツ

2010年度健康科学部のスポーツと健康科目の一つ『海洋スポーツ』が例年にない猛暑の中、知多半島長谷海岸とNFUスポーツドームで開催されました。
参加者は学部の理学療法、作業療法、介護、福祉工学科の1年生15名。みんな元気に前期試験を終えて参加し、新しいスポーツ体験のマリンスポーツ(本音は海浜スポーツ)のシュノーケリング、シーカヤック、ボードセイリングに挑戦しました。
初日は、ビーチクリーンで実習場所の環境整備から始まり、シュノーケリングのフィッティングやボードセイリングのセッティング、午後からはグループに分かれて入門編の実習。途中で交代して、明日の発展活動につなげる。
第2日目は、ボードセイリングでは、風に対して直角の方向に進み、Uターンして帰ってくるうインドアビームとターンの基本スキルを目指す。もうひとつは、シュノーケリング。シーカヤックを学習してから、シュノーケリングセットを積み込んでポイントまで移動し、シュノーケリングを楽しむ。
今回の海洋スポーツは、エコ・スポーツ実習です。
ボードセイリングもエンジン音もなくすいすいと波の上を進み、シーカヤックは多少の金エネルギーを消費するがミズスマシの様に海面を自由に移動できる。
シュノーケリングは、海面からの水中散歩【もう少し透明度があり、生き物が多かったらいいのにな、これでも20年前の知多の海に比べれば・・・・・】である。
ビーチクリーン、海浜生き物観察、エコマリンスポーツ活動、、、まさにこれからの大学教育と生涯スポーツのコラボ、マリンスポーツである。
 
 
広告

小林培男 Masuo KOBAYASHI について

いつでも、どこでも、だれにでもスポーツの楽しさ素晴らしさを適切に広めます
カテゴリー: 健康とスポーツ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中