車いすアルテミット交流

7月20日nfu社会福祉学部スポーツ研究の前期最終日に名古屋障がい者車いすアルテミットクラブの皆さんが美浜キャンパスに来てくださり、クラス履修学生と楽しく、厳しくゲーム交流をしました。
と言うのもディスクをカーブさせてのパスやタッチダウンの連続や巧みに車いすを動かしての確実なディフェンスなどなど、その技は多くが高齢者のスポーツクラブとは思えない凄さでした。

カテゴリー: なんでもトップページ, 健康とスポーツ | コメントをどうぞ

38年目最後のゼミ生卒業と最終講義

2016年3月19日nfu38年目、最後のゼミ学生8名が小林培男ゼミナールから卒業しました。
これまで331名のゼミ卒業生を送り出しましたが、私自身が学位記授与卒業式に出席するのも最後なので、正に卒業生と同hじ気持ちでその時間と場所を共有した卒業式でありました。卒業生諸君の健康を願っています。

image

最後のゼミ卒業生と共にいよいよ3月桝で退職となりました。38年間の勤務の途中所属した経済学部のご厚意で最終講義を新設の東海キャンパスで実施する機会を得て多くの学生、卒業生、職員や同僚の皆さんも来場くださり感無量と感謝の一日となりました。これまで支えてくださった皆様に心からお礼申し上げます。

 

全体同窓会201503

カテゴリー: なんでもトップページ, 小林培男ゼミOG・OB | コメントをどうぞ

犀川スキーバス転落事故から31年

再び、三たび、四たびバス事故が続いている。あの悲惨な犀川スキーバス転落事故から31年、今年もあの早朝の厳寒の事故現場の慰霊碑の前に立った。

しかし、軽井沢でのスキーバス転落事故はまたもや希望に満ちた多くの若者の命を奪い、多くの人を傷つけた。運輸行政、労務管理、経済格差、若者の厳しいくらし、いろいろな事柄がその背景にあると思いますが、平和や命に勝るものはない。経済優先に終わりを告げ、二度とこの様な悲惨な事故が起きない様歴史に学び、教訓を活かしimage社会に目を向け声をあげよう。

カテゴリー: なんでもトップページ | コメントをどうぞ

NFU同窓会60周年記念兼退職記念小林培男ゼミ全体同窓会2015

日本福祉大学同窓会60周年退職兼記念小林ゼミ全体同窓会2015が盛大に開催されました美浜キャンパス 

福祉大祭を楽しみ交流を深める小林ゼミ全体同窓会

1)趣旨 1978年からの杁中と美浜キャンパスでの313名の多くのゼミ卒業生と歩んできた38年間、福祉大祭を仲間・家族・友人と楽しみつつ懐かしの美浜キャンパスで集い、明日からの元気を蓄える。

2)第1部 福祉大祭、記念講演会、美浜キャンパス・1241   大2部 全体同窓会総会、全体懇親会、南知多観光、学年年別・家族・グループ企画など

第2部 海鮮料理海浜館 470-3235美浜町野間本郷5  ☎0569-87-0309 http://www.namihei-kaihinkann.com

3)日程 2015年11月14日土曜日から15日日曜日(福祉大祭日) ※日帰り参加・部分参加・家族友人参加なんでもOK

5)連絡 ①思い出の品や写真などネタおよび一芸スタンツをご準備ください。②可能な限り各学年でゼミ同窓会代表幹事の坊岡まで返信ください。③連絡先メールや電話番号が新たに分かりましたらご連絡をお願いします。代表幹事:坊岡峰子(1985年卒)mineko@pop01.odn.ne.jp 幹事:木場貴世(1987年卒)、山下尚子(1989年卒)、若杉賢司(1990年卒)、中村純也(2001年卒)、小宮裕太(2008年卒)、杉田美穂(2009年卒)、松尾綾香(2012年卒)、水野雄大(2013年卒) 。④全体同窓会案内ウエブサイト https://masuok.wordpress.com 小林培男 masuok@live.jp  090-3253-5167

20090624生協フェスタ健康フェア 006

15年続いた福祉大祭での健康フェアゼミ企画

カテゴリー: なんでもトップページ, 小林培男ゼミOG・OB | コメントをどうぞ

全日程雨の中の東北被災地支援ライド

2日目は気仙沼から南三陸町、3日目は海岸沿いとあの多くの犠牲者があった新北上川河口の旧大川小学校を訪れて石巻までライド完走。

3日の全日程が雨と言う最悪のコンディションの中、3回ほどスリップしたが何とか転倒や落車をしのいでヒヤリ。リアス式海岸続きの東北三陸沿岸、浜の数だけ登りと下りの坂道だらけのコース、加えて二桁国道とは思えない荒れよう。これも復興の影響か?人と生活が見えてくる復興が望まれる。

東北の現状をこの目で見て、美味しい魚とお酒をいただき、沢山の方々とお話できた東北被災地支援ライド?でした。毎年のように出向いている東北被災地、また行くね。image

カテゴリー: なんでもトップページ | コメントをどうぞ

東北支援ライド 第1報釜石から気仙沼

image image image

朝2番の南三陸鉄道で海岸線を南下し、大船渡の盛駅まで。トンネルを抜けると浜と集落が見え、防波堤の新設や工場の工事が進んでいる。しかし、復旧した駅舎のみで人の姿や暮らしは未だ感じられない。安全な暮らしの復旧が進む事を願う。

カテゴリー: なんでもトップページ | コメントをどうぞ

第23回ちた車いすテニス大会2015ご案内

第23回 ちた車いすテニス大会2015要項

車いすテニスクリニック・ニューミックスゲーム・車いすテニス体験を楽しむ

  • 期   日     201595日(曜日) 雨天は翌日の 96日(曜日)
  • 会   場    スポルトテニスアカデミー 住所 東海市加木屋テニス町竹ケ谷93  電話0562-35-0158 知多半島道路大府知多IC10分、西知多産業道路横須賀IC10分 ※ナビ誘導必要
  • 日   程      9:30~受付・自主練習、10:20~開会式、10:30~W-up練習、11:30車いす選手テニスクリニック、12:00~ボランティア・初心者車いすテニス体験教室、12:30~ミューミックス大会、4:00~閉会式
  • 主催主管     ちた車いすテニス大会実行委員会、スポルトテニスアカデミー、スポーツクラブちた
  • 協力協賛   スポルトテニスアカデミー、日本福祉大学小林ゼミ、日本福祉大学障がい者スポーツ研究会スポルト
  • 大会役員     小林培男(実行委員会代表:日本福祉大学)、奥高敦史(実行委員会副代表:スポルトテニスアカデミー   代表)、柴山善邦 (実行委員会副代表:ブルースカイ)、岡川暁(実行委員会:日本福祉大学)、
  • 競技種目   ニューミックステニス(車いすテニス選手とスタンディング選手でのダブルステニス競技)
  • 参加募集       車いすテニス選手Aクラス・Bクラス・Cクラス、立位テニス選手、ボランティア兼選手、ボランティア
  • 参 加 費   大会選手参加費1000円、クリニック参加費1000円(任意)、弁当代500円(任意)
  • ※参加費当日受付徴収、ボランティア参加およびボラ兼選手参加費は参加費無料
  • 参加申込    締切9月1日 大会ホームページスポちた通信https://masuok.wordpress.com で確認し、参加申込書をメール masuok@liveljpで請求し、メールまたはファックス0562-34-4563 で申込みください。
  • 備   考 1)雨天順延の場合の通知はAm7時ごろまでに大会ホームページ(携帯からもアクセス可能)で行う。3)テニスクリニックは公認テニスコーチによるテニス技術や戦術・戦略の特別レッスンで任意参加です。5)昼食弁当を希望される方は、申込書に明記して受付時に代金500円と共に申し出ください。4)昼食は各自用意ください。ボランティアと大会スタッフの昼食は大会実行委員会で準備します。2)怪我病気の第一次的対応をしますが、以後の一切の対応は参加者責任で参加してください。

 

  • 事 務 局   第23回ちた車いすテニス大会2015実行委員会事務局 小林培男  携帯 090-3253-5167
カテゴリー: なんでもトップページ, 地域スポーツクラブちた | コメントをどうぞ